仙台の人と街を応援する企業家組合


by crosby2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ギターの名手 村上徳彦さんの愛用ギターは

e0019860_2045452.jpg

ギブソン・ES-335 

Gibson ES-335  メーカー/ブランドギブソン
製造時期1958年-
構造ボディタイプ中空ボディ
ネックジョイントセットネック
材質 ボディメイプル  ネックマホガニー
フィンガーボードローズウッド/エボニー
ハードウェア  テールピース固定(ストップ・テールピース)
電気系統 ピックアップハムバッカー×2

ES-335とは、1958年にギブソン (Gibson Guitar Corporation)から発売された、世界で最初のセミアコースティックギターである。ちなみに「ES」はエレクトリック・スパニッシュの略である。

ES-335のボディはホロウ(空洞)ともソリッドとも異なった構造を持っており、ボディ中央にはセンター・ブロックと呼ばれる木製の板が埋め込まれているが、両サイドは中空でヴァイオリンの様なfホールが設けられている。ES-335を初めとするセミアコースティックギターの出音は独特の "woody" と形容されるサウンドで、ソリッドギターのそれよりも甘い響きを持っている。しかし同時に、ソリッドギターの特色であるサスティンのあるサウンドやハウリングの少なさといった点も持ち合わせている。この柔軟な音色の性質のため、ジャズやロックを含むあらゆる種類のポピュラー音楽でそのサウンドを聴くことが出来る。

ES-335が基になったギターにはこの他、ステレオ仕様で音質を変えるバリトンスイッチの付いたモデルであるES-345TDSVや、さらにトレモロが付いた豪華版であるES-355TDSVなどがある。興味深い例としてはES-330が挙げられる。このギターは外見上はマイクを除けばES-335とそっくりであるが、実際にはフルアコースティックギターであり、ピックアップについてもES-335は2基のハムバッカーを搭載していることに対し、ES-330には2基のP-90がセットされている。センターブロックがないため軽く長時間の演奏に向いている。
ギブソン社は廉価版のES-335をエピフォンブランドで発売しており、これらは「ドット(Dot)」と呼ばれている(おそらくこの名称は、フレット上に埋め込まれた点状のポジションマークに由来している)。1960年代より生産されている同様のエピフォンのモデルとしては「リヴィエラ(Riviera)」「シェラトン(Sheraton)」「カジノ(Casino)」が存在している。リヴィエラと シェラトンにはアメリカ・カリフォルニア州に存在する地名に由来している。
アーティストモデル
1964年から1970年にわたって製作されたアーティストモデル「トリニ・ロペス・スタンダード(Trini Lopez Standard)」はES-335を基にしたギターである。このギターのボディにはfホールの代わりに細長い菱形のサウンドホールが設けられ、ヘッドはファイヤーバード・リバースタイプと同型で、ペグがストラトキャスターのように片側一列に並んでいる。ネックには切れ目の入ったインレイが埋め込まれており、リッケンバッカーのアメリカ製セミアコースティックモデルに使われている「スラッシュ・カット(slash cut)」を連想させる。
B.B.キングはES-335をメインギターに据えた最初の著名ギタリストであるが、同時に「ルシール(Lucille)」と名づけられたES-355を彼の経歴のほぼ全てに渡って愛用していたことでもよく知られている。彼とギブソン社とのエンドース契約は1980年に始まったが、この契約で使用された「ルシール」のシグネチャーモデルは基本的にはfホールのない黒色のES-355である。一方のあまり知られていない「ルシール」モデルでは、ES系ギターで通常用いられるマホガニー製ネックではなくメイプルネックが採用されており、よりはっきりとしたアタック感のあるサウンドとなっている。

ES-335系を使用する代表的ギタリスト
チャック・ベリー - 1960年代より現在までES-355を使用。
リッチー・ブラックモア (ディープ・パープル、レインボウ)
ラリー・カールトン - "Mr.335"と呼ばれる。2006年に彼のシグネイチャー・モデルが発売される。
リー・リトナー
エリック・クラプトン - 1964年製のチェリーレッドのモデルで、ストップ・テイルピースに改造して、主にクリーム時代に使用。2004年にオークションに出品するために手放すが、その後すぐに同時期・同仕様のモデルを購入し直している。
カール・ウィルソン (ザ・ビーチ・ボーイズ) - 62年製のブロンド・フィニッシュ、ゴールド・パーツのカスタムメイド。83年頃にネックを折損、ES-355のものに交換。
ジョージ・ハリスン - ES-345を使用。
リック・デリンジャー
キース・リチャーズ - ES-355を使用。
B.B.キング - ルシール・シグネイチャーモデルを使用。
アルヴィン・リー (テン・イヤーズ・アフター)
テッド・レオ
アレックス・ライフソン (ラッシュ)
ノエル・ギャラガー - ES-355およびエピフォンのES-335タイプのギターを使用。
ジョン・スコフィールド - アイバニーズのコピーモデルであるAS-200も使用。
安部俊幸 (チューリップ)
和田唱 (TRICERATOPS)
NOBUYAN' (THE HUNDREDS)
小沼ようすけ
坂下たけとも (元SADS、現THE DUST'N' BONEZ)
古市コータロー
高野哲(元ZIGZO、現nil)
ジョン・ウィルキンソン - 1970年代のエルヴィス・プレスリーのリズム・ギター。69年から77年までの全てのライヴに欠かさず出演した。
生形真一 (ELLEGARDEN) - ES-335 Reissueを主に使用。
バーナード・バトラー(元SUEDE) ES-355TDSV ES-345TDSV ES-330(brack)の全てにビグスビーのトレモロが付いている
[PR]
by crosby2 | 2008-02-17 20:49 | Player&Staff