仙台の人と街を応援する企業家組合


by crosby2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

昔の仙台①

Crosbyがあるのは仙台市青葉区 晩翠通り
定禅寺通と広瀬通の中間に位置している。
その昔は細横丁 北に行くとその名残が
一中の校門の前に続く齊苑の横の通りが
昔の細横丁の道幅の大きさである。
南へ行けば狐小路。昔は狐に化かされると言われた小路だ。 
その向こうが片平から米ヶ袋。
この界隈は古い街並が残っているようで残ってはいない。
1945年の仙台を襲った大空襲で一面は焼け野が原。だから戦後の建物がほとんど。
戦後米軍に接収された芭蕉の辻近くの生命保険のビルは焼け残った!米軍は戦後処理まで考えて爆撃していたようだ。
そんな仙台の昔を写真で振り返る第1回

1960年(昭和34年〜35年)ギター村上徳彦さんや私が生まれた年辺り
ぐらいの定禅寺通りと
(市民会館を背にしてメディアテークから一番町方面を望む写真)欅が細い!!
芭蕉の辻は昭和の初め頃だろうか

欅はあくまでも街路樹 自然の物ではない。
戦後の復興で欅を植えた。街路樹として
その欅のスペアーを山に植えて永年の計画で街路樹を、景観を守ろうとしていた行政の企みは、財政難で合えなく頓挫したようで
その計画が存続していれば、青葉通りの欅を伐採してもスペアーはあった
筈なのだが、、、永年の予算と計画と人の手と努力を無視し
財政のために止めた行政官は今、どうしていることだろう。
お金と努力は途中で止めれば 何の役にも立たない。
それこそ無駄の極地!

そして今、この芭蕉の辻の建物群が残ればなーと!
果敢ない夢を想い描く。今残っていれば!!!我が街の財産であるが、、、。
米軍は京都奈良は残しても 仙台の景観は残さなかった。
第二師団 青葉城 二の丸奥に位置
四連隊 榴岡公園内に位置
弾薬庫 多賀城の自衛隊に位置
これだけの施設があれば爆撃の対象であったのは言うまでもないが
残念で仕方が無い。

これからも仙台の昔を紹介して行こう
乞うご期待!!
e0019860_01296.jpg
e0019860_011378.jpg

[PR]
by crosby2 | 2008-02-22 00:01 | 写真等