仙台の人と街を応援する企業家組合


by crosby2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2008年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

今年も感謝の一言!

本年も残り少なくなりました。
沢山の出会いと沢山の別れ。そして沢山の出来事が有り
様々な想いの中でも、音楽と空間、美味しいものとを提供出来続けてこられたのも
数多のミュージシャンのおかげでした。シェフのおかげでした。
お客様のお陰でした。

未曾有の、100年の一度の出来事は来年迄持ち越さずに
今年に置いて行きましょう!

皆様と私どもとのどちらへも、明るい一年が訪れますよう
そして、叉 ともに共有する時間と空間と音楽とを
楽しめる一年でありたいと
想いますし、努力をも絶やさずに
これから続けて参りたいと
想います。

初日の出
おがみたいとお想います。

青葉城跡から太平洋をのぞみ
初日の出
e0019860_2462959.jpg

[PR]
by crosby2 | 2008-12-28 02:46 | 散文
e0019860_19474313.gif

 芸術文化はまちを再構成するエネルギーを有しており、都市の新たな経済資源ともなっています。
 仙台市では、多種多様なクリエイティブシーンに関わる人たちをゲストに迎え、仙台における芸術文化、まち、市民etc.について多角的に語り合う「クリエイティブ・カフェ仙台」を開催しています。
  会場は、ゲストと参加者が近距離で接しあえる、仙台のさまざまな「場」。都市を構成するさまざまな「場」が、クリエイティブな話に花が咲くカフェに変わります。


◎開催

●タイトル SENDAI ミュージックシーン・NOW!

日時2008年12月13日(土)14:00~
会場せんだいメディアテーク 1階オープンスクウェア
 仙台市青葉区春日町2-1 勾当台公園駅徒歩6分
※ クレプスキュールカフェからのみ飲食物持込可能
概要
仙台で暮らしながらメジャーデビューが当たり前となった今。アーティストは、いかにオリジナリティーを磨き、発信しようとしているのか?仙台で新たな音楽を創り、発信、サポートしているプロデューサーのみなさんをゲストに迎え、仙台のミュージックシーンの今とこれからを語り合います。

コーディネーター音楽家・ピアニスト 榊原 光裕氏
ゲストNO DOUBT tracks代表 三浦 裕典氏
ジャズライブハウス Crosbyオーナー 千葉 富士男氏
forestnauts records代表 鈴木 真一氏
e0019860_19474313.gif


クリエイティブ・カフェ仙台では、大変お世話になりました。
開催に当たりご参加いただきました友人の方々を含め、多くの方に参加して頂き 感謝感謝です。

榊原様のコーディネーター役は素晴らしく、また三浦様、鈴木様のお二方のお話しは大変興味深く拝聴致しました。
お二人とも私よりも10歳も20歳も年下なのに本当に良く頑張っていらっしゃるなーと感心しきりでした。
また私の拙いお話で大丈夫だったでしょうか?本当に大変心配な所です。
少し言い過ぎた感は有りましたが、自然発生的に私のコメントの後に起った
沸き上がった二度の拍手は、私の役目を果たせたと実感した瞬間でした!!
私の役目、これからもそのそれぞれの場面で果たせるよう
勉めて行きたいと想います。
お誘い戴きましたコーディネーター パネラーの素晴らしいアーティストのお二人
市民文化事業団の皆様
本当に感謝感謝です!!
[PR]
by crosby2 | 2008-12-14 19:56 | 散文

メイクミーアメモリー



サックス 安達理慧
ギター  村上徳彦
ベース  青木大志
ドラム  行方基朗
[PR]
by crosby2 | 2008-12-05 23:39 | 動画 演奏風景

イパネマの娘



イパネマの娘  2008年12月4日 仙台  Crosbyにて
サキソフォーン 名雪さち代
ギター     村上徳彦
ドラム     行方基朗

この組み合わせでの演奏は中々有りません。
[PR]
by crosby2 | 2008-12-04 20:49 | 動画 演奏風景
私はいつも通称 X橋を通ってこの店へ通う。
今は形状的にはY橋
正式名称は宮城野橋
今の欄干は昭和40数年の竣工だが
橋の欄干、下から望み上げれば、当時を想わせるレンガ造りの古い橋脚が見える。

私が小学生に上がった頃、この界隈は未だ戦後のどさくさの
猥雑さと危うさ、インビな世界が残っていた。

子供心にも、夕方以降には近づけない雰囲気が漂っていた
事を承知していた。有なればマセガキ!

そんな雰囲気を醸し出す書籍が発売された。
ほろ苦く居て 懐かしく 慎ましやかで

ご一読を  是非に!
面白い!というよりも仙台の今と昔の対比が私にはたまらない!
高城高さんのX橋にまつわるハードボイルドの原風景の書籍に繋がる
話だ!
高城高こうじょうこう
東北大学在学中に書いた、仙台を舞台にした処女作「X橋付近」は江戸川乱歩に絶賛され、大藪春彦に先駆けること3年、日本におけるハードボイルド小説の原点とされる。
e0019860_044638.jpg

e0019860_0453351.jpg
e0019860_0455429.jpg

2006年、仙台で雑誌「仙台学」他を手がける出版社「荒蝦夷」から、”高城高ハードボイルド傑作選”と銘打った『X橋付近』が刊行された

熊谷達也/著 
いつかX橋で
昭和二十年、仙台。焼夷弾の雨に照らし出された街は――とても綺麗だった。
B-29がやってきた夜にすべてを失った祐輔は、仙台駅北の宮城野橋(通称・X橋)で特攻くずれの彰太と出会い、生まれて初めて自分の力で生きることを知る。これ以上、誰にも何も奪われたくない――終戦直後の街を舞台に、必死で明るい未来を信じようとした少年たちの、どうしようもなく残酷で、かぎりなく純粋な青春。

この物語が映像化されないだろうかと密かに期待している!
e0019860_23315251.jpg


追伸
この物語には、産婦人科の女医さんのモデル
宮町界隈の侠客等 私が知りうる限り数人の方々のモデルが居ると想われる。
どちらの何れの方もとても有名であり
ご子孫も健在であるし、知り合いでもある。
だからこそ私にはとても身近に感じられるのだ!
書いたご本人は、、、架空と、言われるやも知れ無いが
[PR]
by crosby2 | 2008-12-03 23:41 | 散文

仙台 光のページェント

2008 SENDAI 光のページェント(宮城県)
宮城県仙台市青葉区 青葉通、定禅寺通

今年で23回目を数える仙台の冬の風物詩。青葉通と定禅寺通のケヤキが、星降るような数十万球の美しいイルミネーションで光輝く。スターライト・ウインクと呼ばれる再点灯は1日3回。杜の都を美しく彩る温かで落ち着きのある光が、ロマンチックなクリスマスを演出する。また、12月23日には「サンタの森の物語」と題し、サンタクロース姿の人々が光輝く大通りを行進。よりいっそうクリスマスムードを高める。


e0019860_2034221.jpg


今年も今日、12月3日に試験点灯は有りました。

e0019860_2073424.jpg


e0019860_2074888.jpg
e0019860_208934.jpg


実行委員長以下、沢山の仲間が手がけています。
是非見に来て下さい!!
[PR]
by crosby2 | 2008-12-03 20:09 | 散文

師走!

今年もいよいよ師走です!
皆様を心よりお待ち致しております。

e0019860_20151293.jpg


e0019860_20153723.jpg

[PR]
by crosby2 | 2008-12-01 08:11 | Top