「ほっ」と。キャンペーン

仙台の人と街を応援する企業家組合


by crosby2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2010年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Candy


[PR]
by crosby2 | 2010-07-24 01:18 | 動画 演奏風景

未確認飛行物体

2010年7月20日夕方7時頃
Crosbyから西公園青葉山方面を撮影中
うーん
どう見ても未確認飛行物体

e0019860_2074562.jpg

[PR]
by crosby2 | 2010-07-24 00:09 | 散文
e0019860_182465.jpg

KIYOTAKAって知ってますか?
仙台出身のミュージシャン
仙台二高在学中にデビュー
さらにみやぎ夢大使。SENDAI光のページェントのサポートソングほか、多くの楽曲を作成
今は、27歳位かな?

詳しい事は、PCで
http://www.g-glamour.com/kiyotaka/
http://www.youtube.com/user/hyakumangoku007
でチェックしてね

そんな彼のライブが仙台であります。

日時 8月7日(土)
13時30分スタート
(13時開場)
場所 仙台市市民活動サポートセンター
金額 4000円

※当日10時から配布する整理券が必要ですが、事前に予約申し込みしていただければ、美貴ママが良い席を取ってくれるそうです
詳しい問い合わせは、美貴子さんか亀岡さんまで

(以上 同級生の亀岡君がリリースしてくれた情報を転載させていただきました。)

CDも発売中です!以下情報まで
リリース情報
■New Album「A Piece Of Love」 1月1日 発売!!! (2009年12月30日掲載)
待望のオリジナルフルアルバム、「A Piece Of Love」発売決定!!!
全14曲入り、税込み価格3000円。
完全WEB限定発売に付き、ご注文は下記アドレスまで、郵便番号、住所、氏名、枚数をお書きの上、ご注文下さい。
pure_noble_a_piece_of_love@yahoo.co.jp
http://ja.wikipedia.org/wiki/清貴
e0019860_183981.jpg

現在KIyotaka君はニューヨークに留学中です!
その彼が参加し、ソロパートを担当したゴスペルフェストがあり
なんと部門優勝の快挙を達成しました!日本人初の快挙!
以下は共同通信他の記事からの転載です。

ハーレム・ジャパニーズ・ゴスペル・クワイヤー(HJGC)が、
全米最大級のゴスペル大会に、
初めてオーディションから正式に一般参加し、
日本人クワイヤーとして初優勝した!

27年の大会史上初の日本人クワイヤー、
いえ、ゴスペル大会で初の日本人優勝かもしれません。

http://tommyny.exblog.jp/

 ==============================
NY日本人合唱団が初出場で優勝 全米最大のゴスペル大会
2010.6.23 10:26

 米ニュージャージー州で先週末行われた全米最大のゴスペル大会
で、ニューヨーク・ハーレムを拠点に活動する日本人合唱団「ハー
レム・ジャパニーズ・ゴスペル・クワイヤー」が初出場で優勝した
ことが22日、分かった。同合唱団の松尾公子代表が明らかにした。
 大会は「マクドナルドゴスペルフェスト」で、約4万人がオーデ
ィションを受けるという規模に加え、入賞者がテレビ出演すること
もあるなどレベルの高さでも有名。大会史上、日本人合唱団の入賞
は初めて。
 ゴスペルは米国の黒人が生み出した宗教音楽。黒人霊歌の美しい
旋律でも知られ、日本でも同好会がつくられるなどファンが多い。
 松尾代表によると、合唱団が出場したのはクワイヤー(合唱団)
部門。1月のオーディションで本選に残り、今月19日の大会で賛
美歌「ハウ・グレート・イズ・アワ・ゴッド」を歌い優勝した。
(共同)
========

凄いじゃないですか!!Kiyotaka君
そして、サプライズ!
宮城野中で同級生だった千葉美貴子さんの愛する息子でした(拍手)
果たして、ステージママぶりが見られるか!母の涙は…。
彼のママは私達の同級生でしたーーーーー。
今日、仙台で開催されるライブのポスターとCDをKiyotakaママの美貴子さんが持参してくれたのだ。会った瞬間 開口一番 (○○ 旧姓で呼ばれた)変わってないねー!の一言!
そうなんです、36年ぶりにお会いしてもすぐ分かられてしまう。
変わってないのです。そう私千葉(旧姓 ○○)富士男は進歩が無いと言ってもよい程変わってないらしい。それにしてもKiyotakaママの美貴子さんも当時のままでしたよ!
あの頃はよく遊んだものだ(どうしようもない程稚拙にグループで遊んでいた)正確には38年前
あの頃良く一緒に居た高橋英樹君は現在 全日本プロレスリングの興行担当として全国を飛び回っている。先日も仙台での興行の先遣隊として仙台を訪れたおり、Crosbyにも訪れていただきました。
彼もあの時のままでした。高橋英樹君は当時ブルースリーを敬愛し、髪型も自分でカットしてブルースリー然としていたし、ヌンチャクを制作しては訓練に余念がなかった。一緒に振り回して痛い目に何度か遭ったし、ヌンチャクを頂戴したりもした気がする。
格闘技とブルースリーを敬愛していた彼が全日本プロレスリングに居るのも偶然ではないだろう。

Kiyotakaのウィキペディアにはこう書かれている
幼少の頃から母親が掛けていたマーヴィン・ゲイ、ダニー・ハサウェイ、サム・クック、オーティス・レディングなどのソウルミュージックを聴いて育つ。
そここそが、Kiyotaka 彼の原点なのである。美貴子さんが良く聴いていた曲に触発された形で
彼の才能が開花する事となった訳だ。

昨日は同じく同級生の江花君 板橋君に会い雑談した。
守谷夫妻も同級生 亀岡君も同級生
同じく会田敏も同級生 その彼の教え子が参議院議員選挙に出馬し見事当選!
その事務所で 江花君 板橋君 守谷夫妻 亀岡君とお会いし 会田敏くんの話が出たり、
KIyotakaの母も同級生の美貴子さんだと聞いた!なんと言う巡り合わせと縁(えにし)

今年はそんな沢山の更なる出会いが多く存在する年である。
e0019860_19695.jpg

e0019860_192036.jpg

e0019860_193690.jpg

e0019860_195710.jpg

e0019860_1101215.jpg

[PR]
by crosby2 | 2010-07-14 01:11 | jazzyな仲間達

真夏の夜の夢

真夏の夜の夢
Sendai jazz Vocal meeting 2010 in Crosbyの開催
『真夏の夜の夢』
2010年8月8日七夕祭りの宵
在仙で活躍中の精鋭ヴォーカリストが競演

出演Vocalist
Terry Hashimoto 『テ リ ー 橋 本』
NAO Yasuda  『ナオ・ヤスダ』
Eddy Takahashi 『エディ高橋』
斎藤 栞  『さいとう しおり』

Crosby’s Special Band
村上徳彦(Guitar)
大村武司(Piano Key)
行方基朗(per)
上野太郎(Bass)

当日は七夕の宵
浴衣や和装ほか 皆様
想い想いにお洒落してお出掛け下さい。

チケットご予約はお早めに!!
各ステージ25枚限定です。
お問い合わせ
TEL&FAX 022(215)7766
sendai.jazz@gmail.com



e0019860_2334921.jpg

e0019860_2332723.jpg

[PR]
by crosby2 | 2010-07-07 19:32 | Player&Staff
e0019860_057266.jpg

大相撲は伝統芸能のである。
いつの頃からか、強けりゃ良い、何をしても何でもありでも強けりゃ良い。
そういう風潮が跋扈して、あたかもアスリート然とした扱いをスポーツ誌やメディアが煽り、誰もがそれが当たり前と言う風に勘違いして、相撲の本来あるべき姿を我々は見失っては居ないだろうか。

延喜式の中で、詠われている様に 戦いと和睦 神事の象徴。
現在でも各地の神社仏閣で、奉納相撲が行われています。
かつては大名家で 朝廷で奉納相撲が行われて来た。

神社やお寺の境内でお祭りの催しの一環として、そして奉納 神事であった時代。
時の政権、地方の大名のお抱え相撲だった時代。
祭りや地域の芸能としての時代。
そしてなにより相撲は興行であった時代。

そんな時を経て、今の形になって来たのだ。

正しく日本の伝統芸能である大相撲。

国技とはなんぞや。相撲を国技としたい、相撲関係者が
国技館を作りその中で行われているから国技なのか。

そうではない筈。

スポーツなのか。お相撲さんはアスリートなのか。
私は違うと想う。

潔癖になりすぎた社会は生きづらい。
NHKが中継を行わない、ときた。
賜杯も他の表彰も無いときた。
名古屋場所も中止したらよいと言う意見があるらしい。
その周辺で生業を営んでいる多くの方々の努力と生活を無視した
そんな意見は、私には信じられない。
人には生活がある。何の落ち度も無い人々の生活があるのである。

相撲中継を楽しみにしている多くの方の信を問うた結果なのだろうか。NHK.。
日本以外でも多くの相撲ファンが居る。その方々から意見はお聞きしたのだろうか。
風潮に流されて、大事な物を見失っては居ないだろうか。
真面目にやっている多くの人々を無視するやり方は、やはり、違う気がする。

水清らかなる所 魚住まず。

無菌培養された寒天の上ではなく、人は生活を、雑菌の中で営んでいる。
だから、耐性が出来たり、免疫が出来たり 人は強くなる。

相撲は興行であり、伝統芸能である。
スポーツでも、お相撲さんはアスリートでもない。

相撲頑張れ!
太っちょガエル 負けるな 一介の浪士 是に有り。
[PR]
by crosby2 | 2010-07-07 00:57 | 散文