仙台の人と街を応援する企業家組合


by crosby2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2011年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

田中健△ 有森也実さん

田中健さん 有森也実さん

東京エレクトロンホール宮城で今日から公演の
眠り狂四郎 無頼控にご出演の田中健さんは
ケーナ奏者としても有名であるが、Crosbyに
不意に現れてCrosby's JazzManと共演してくれた。
ケーナの演奏,素晴らしい。
ご自身でもケーナを制作するという。
持参のケーナは俳優仲間の平泉成さんが
作ってくれたのだと教えてくれた。
何しろ、田中健▲ 
本当にかっこいい!!
もうすぐ還暦と聴いて尚驚いた。
こんな60歳は居ないと想う!本と。
健サンのJazzに対しての
解釈が本当に先ずおもしろい。
いろんな挑戦を演奏している曲の中で
試していた。
”俺たちの旅”から35年と言う話もお聴きした。
カースケ グズロク、そしてオメダ。
その時代のお話等も気さくにしていただけました。
私達の青春時代でもありました。
理屈抜きで素敵な方だ。

してみると、舞台の方も気になる!!
眠り狂四郎 無頼控
あのGACKTさんが眠り狂四郎を演じる
話題作だ!!
25日迄絶賛開演中です。
25日の楽日、終了後に、またまた有森也実さんや素敵なお仲間達とご来店戴きました。

下のURLも是非見てみてください!カッコいいです!
e0019860_4354381.jpg

e0019860_2472537.jpg

e0019860_2475131.jpg
e0019860_2474070.jpg

e0019860_248184.jpg

http://www.nemuri-gackt.com/
[PR]
by crosby2 | 2011-01-26 04:59 | jazzyな仲間達

1月22日は

今日、1月22日はジャズの日

「JAZZ DAY実行委員会」が2001(平成13)年から実施。
JAZZの「JA」がJanuary(1月)の先頭2文字であり、
「ZZ」が「22」に似ていることから。と言う事らしい。

私共,Crosbyという店を開業して今年三月を過ぎると
20周年目を迎える事と成りますが、
その遥か以前から、もう34年も前、
私は大友克介さんと言う巨人に遭遇しました。
彼は正しく当時の私に取っては巨人 ジャイアンツ
以外の何者でもない存在でした。
14歳からジャズ喫茶等に出入りしていた私は
分けも分からないままただただジャズに親しんでいました。
が、何も本質は知りませんでした。
そんな私を捕まえて彼は事有る毎に私の嗜め、叱咤し、
鼓舞してくれました。
様々な事を、知識を吸収する術とその意識喚起の方法を
私に伝授してくれました。
自分にとってのインタレストを吸収する事の出来る最善の道は
自らが自らに意識喚起をする事こそが、最善の道であると
恐ろしく丁寧に説いてくれました。

ウイスキーの事 飲み方から歴史迄。
人の事、出自から経緯を。
ジャズの歴史や系譜を。
箱バン(店に入っているお抱えバンド)の系譜 etc,,,,

米軍キャンプが仙台の地に点在していた頃、そのゲートをくぐる
彼の姿は毎日の日課のようであったと、教えてくれました。
米軍の将校へ日本製の大型バイクを直接卸したりしていたとの事。
必然にキャンプ内の当時の最先端や音楽事情に精通する様になります。
当時のキャンプ内は階級毎にクラブが存在し、その中の
歌舞音曲を担当していたのは米軍のオーディションを通過した
日本人でありその演奏していた音楽こそがJazzだったのです。
高橋達也と東京ユニオン 渡辺プロダクション etc....
米軍キャンプこそがキラ星のごとく光り輝く後のスター達を輩出する
正しく(伊達直人よろしく)虎の穴みたいな存在だった訳である。
仙台と言う(地政学上の地の利とも言うべき)米軍のキャンプが街中に点在した
事由も今、仙台がジャズが盛んな大きな要因の一つであり、そんな黎明期を
怒濤の如く通り抜けた生き様は、正しくその世界を知る生き字引であり
かけがえの無い存在でした。先日も
私が彼のご自宅にお邪魔すると10時間と言う時間を擁し
そんな話をしていただけました。なんと言う至福の時間。
そんな話を私はまだまだ聴き足りない。

CDやレコード 写真 エピソード
彼の中の断片を私の中に吸収する事は
私の中の大いなる財産でもあります。が、
次の世代へ引き継ぐと言う大きな意味も存在する、
とも想っております。

そんな話をいま本にまとめてくれている友人が居ます。
大友克介さんはそれを本当に楽しみにしていました。
あとがきは、お前が書くんだぞ、と言う言葉で
私に暗にある明示をしてくれていました。

そんな 大友克介さんの訃報が
Jazzの日に 届きました。

ウイスキーのショットグラスの数々カメラetc... 
沢山のお預かりした品の数々。
本物を見て触り良いものを見分ける力を、若輩の私に伝授してくださった。


以下、情報は多くのミュージシャンの方々より戴きました。

大友克介儀
1/22永眠致しました。
告別式は下記において相営みます。
通夜1/24(月)18時
葬儀1/25(火)14時
中央清月記
青葉区本町2-7-4
022-715-5777

在りし日の大友克介さんと
Crosby Bandのレコーディング(彼のスタジオ COMPASにて)に終日おつきあい戴きました。

e0019860_0502056.jpg

[PR]
by crosby2 | 2011-01-22 23:51 | jazzyな仲間達