「ほっ」と。キャンペーン

仙台の人と街を応援する企業家組合


by crosby2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2011年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

スタッフ紹介

【担当者】協力:仙台 人と街を応援する企業者組合
代表:街づくりアドバイザー 針生英一 氏 
e0019860_1815429.jpg

管理栄養士  齋藤由布子 氏
e0019860_1821292.jpg

商品化/イベントプロデューサー  佐藤大樹 氏
e0019860_1822655.jpg

物販コーディネーター 氏家正臣 氏
e0019860_1824342.jpg


商品開発・販売支援・法律相談支援(必要に応じ選任する) 4名
事務局長 千葉佳代子氏
[PR]
by crosby2 | 2011-03-28 18:03 | Player&Staff

今出来る事

英国からのシェルターボックスを届けています。10人分のサバイバルキットやテント、食器や塗り絵やクレヨン他が盛りだくさんのキットボックスです。一つ1000ドルで元軍人や医者がプロジェクトを組み私達に届けてくれました。岩手沿岸と宮城沿岸を中心として配布しています。避難所のパテーション、避難所が流された女川には建物を。お風呂が無い所へは温泉施設に無料の送迎バスをと、様々なプロジェクトを立ち上げました。
http://www.shelterbox.org/
http://www.rid2790.jp/2008/ri/rinews0805.html
慰問団を結成し被災地の皆様への派遣を検討しています。
又情報をアップします。
e0019860_18103576.jpg

仙台のCrosby 千葉富士男より
[PR]
by crosby2 | 2011-03-26 17:04 | Top
気象庁はこの地震を「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」と命名しました。

311→ 
harambee!
Sendai Miyagi Tohoku Japan

311→
頑張ろう!
仙台 宮城 東北 日本

e0019860_18252773.jpg


13日付の英紙インディペンデント・オン・サンデーは1面トップで日の丸の赤い円の中に「がんばれ、日本。がんばれ、東北。」と日本語で大見出しを掲げ、東日本大震災の被災地に応援メッセージを送った。
 脇見出しで同じ意味の英語を記し、「死者は少なくとも1700人、経済は大打撃、原発では爆発。だが日本は津波の被害から立ち上がろうと闘っている」と報じた。
 ほかの各紙もほとんどが2日連続して1面トップで震災を報道。津波被害や救助の様子などの大きな写真付きで「消えた町」(メール・オン・サンデー)「死者1万人の恐れ」(オブザーバー)などと伝えた。(共同)
e0019860_18274237.jpg


Harambee [ha・ram・bee].
『ハーアンビー』とは、(頑張ろう)は、
ケニアなどで、コミュニティの自助イベントの伝統の総称。
資金調達や開発活動。 頑張ろう、と言う文字通りの"すべてまとめる"を意味するスワヒリ語 、および正式発表されたもののモットーとして表題とともに表示される紋章の様な言葉 。

この言葉を聞いたとき、正にいまこの地、地域、街に必要な意義が込められた言葉、意思に近いものなのかと想った。

 Crosbyは被災の為しばらくの間休業しています。
 尚、復興に向け鋭意努力しております。

ご連絡、お問合せは以下のアドレス迄
sendai.jazz@gmail.com

311→
頑張ろう!仙台 宮城 東北 日本
[PR]
by crosby2 | 2011-03-25 18:19 | Top

大震災 被災地仙台より

仙台市青葉区国分町二丁目 晩翠通りドンキホーテ向かい。クロスビーの千葉富士男です。仙台は大地震にみまわれました。クロスビーのお店はグラス、食器他が壊滅的状況です。ライフラインもままならぬ状況です。電気ガス水道が復旧しておりません
電源が無くて携帯やパソコンが使えない状況。充電が出来ません。
避難所には多数の被災者が集まり、非常食も配布がままならぬ状況です。
ビルディングのエレベーターには閉じ込められている箇所多数。
沿岸部は大地震と津波で壊滅的状況です。
停電で暖が取れない状況。水が出ず、飲料水、トイレがままならぬ状況です。
通信網が使えず安否確認困難かと存じます。
ミュージシャンは安否の確認が出来ました。皆無事の確認。
ライフラインの復旧が待たれます。
街中のコンビニ、スーパーは長蛇の列。配給状態。

街中より、沿岸部の津波状況が心配でなりません。
分かる範囲でお知らせ下さいませ。
また状況をご報告します。
クロスビー店主 千葉富士男でした。
自衛隊は沿岸部に集中。街中は避難所には水、食料とも足りず。救援、求む。
[PR]
by crosby2 | 2011-03-13 09:04 | Top

佐藤文夫グループ Live!!

この企画は大震災被災にて、
止む無く中止致します。

気象庁はこの地震を「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」と命名しました。



クロスビーは開業より19年を過ぎ20年目へと突入致しました。
これを記念した企画の第二弾!

佐藤文夫グループによるLiveが決定致しました。
出演は
guitar
佐藤文夫
Bass
崎村達也
Drums
柴崎志二
Guest Vocal
MIKA

2011年3月20日(日)17:30〜開場
18:00〜20:30 2ステージ
Charge ¥4,000
Drink Food 付き 25名限定/入れ替え無し

ご予約承り中
ご予約は ☎/Fax 022-215-7766
sendai.jazz@gmail.com

e0019860_2222072.jpg

[PR]
by crosby2 | 2011-03-12 15:49 | jazzyな仲間達

CM


[PR]
by crosby2 | 2011-03-10 00:48 | 動画 演奏風景

Crosby CM


[PR]
by crosby2 | 2011-03-10 00:26 | 動画 演奏風景
シティホテルでの遊興と夢からの覚醒
シティーホテルと言う言葉が発するものは、私どもが若い頃本当に憧れた雰囲気を持つ言葉であり、そしてその韻が放つ華やかな響きは、華やかな社交の表舞台。と見え聞こえたものだ。数々のパーティー、シンポジウムに各種大会、学会に新年祝賀会等のお祝い事、披露宴にお悔やみの会等、我々が居る雑多な生活感溢れる喧噪の中から、そんな場に集いし華やかなる人々を目にする時、シティーホテルに集いし面々を見るに付けてただただ本当に憧れたものだ。
仙台ホテルの五階、フォンテーヌブローの円形のカウンターはさり気なく男の見栄の張り方、カクテルやワイン、スコッチ等を駆使しての最新の手練手管を教わる学び舎だった。その奥のフレンチは伝統と格式のある正統派のホテルフレンチで、見合いや結納、様々な祝い等の席の舞台ともなった。無論仙台を代表するミュージシャンがトリオで演奏していて、シティーホテルとは本当に贅沢な場所だと思い知らされた。東急ホテルのフレンチレストラン青葉は初めて女性を招待しのそ方の誕生日を祝った席で、そこで出会ったソムリエの方とは今でも親交がある。地下のバーは小川ロンさんをはじめ多くの音楽家が演奏した正統派のバーでバーテンダーも一流だったし、お相撲さんや多くの有名人やスポーツ選手と酌み交わしたお酒は忘れられない。ワシントンホテルの最上階は週末のカップルや家族連れで大賑わいでオープンキッチンで供されるステーキは安くておいしくて若い二人連れや家族達には大いに支持されたし、バンドの方々の演奏も格好良かった。ここの会員制のクラブやバーでも仙台の先端を引っ張っていた。そんな東急やワシントン、仙台ホテル等のシティーホテルの数々はもう仙台には無い。

そのホテルに入るとドアーマンがそっと近寄り車寄せに誘導してくれる。ドアを入れば大理石の敷石や壁が高級感で更に私達を誘う。ロビーにはロングドレスを着たピアニストが静香なる調べを奏でて優雅に微笑み、香ばしいホテルのコーヒーの香りと、スタッフは教育が行き届き痒い所に手が届く。一段下がってのカジュアルレストランにはランチをしに、打合せをしに良く行ったものだし、手前の中華へ行けば上品且つ先端の中華が食べられて大いに満足したし彼の大監督やご家族に良く逢ったりした。和食のシェフは大きな料亭出身の大変腕の立つ職人さんで繊細且つ新鮮で上品なお料理で多くの常連さんに支持された。最上階のレストランは夜景を見乍ら食事が出来る所で30年前は憧れの的であった。ここのお料理には本当に助けられたもので、接待すれば皆いちころだった。昔はバイオリンやピアノが聞けたし、最近はボールルームと鉄板焼きと姿を変えたが、ここの優雅で落ち着いたホテルらしいホテルのサービスを享受出来る幸せは筆舌に尽くし難い程の至福の時であった。そして一階の会員制のバーオークルームには多くの思い出がある。その昔は三浦誠史さんと言う特攻上がりと言う本人の弁)の支配人さんが居たり村上さんが居て、幸さんがいて加藤さんが居て照井さんが居て角田さんが居て大井さんが居た。良子(ながこ)さんが居てetc,,,,.。三浦さんは私を最後の弟子と言ってくれて励ましてくれた。額の絵、黒光りするカウンター、宿泊客は何なり入れたが、仙台の人は会員でなければ入れないバーとして、多くの著名人や財界、政界の方々に支持されたBARである。会員となるには社長決裁が必要で、お断りされたかく言う自称紳士の面々が大勢居た。機密が保持される、変なお客は居ない、入れない、こども(大人ではないこどな)が居ないと言う事で、料亭ではない所でも多くの秘め事が繰り広げられた公開されない言わば大人の隠れ家的存在。そんな場所への出入りが許されたのも多くの良き出会いと幸運とがそうさせたものであろう。洋箔で出来たシェーカーで夜毎に絶品のカクテルが供され、珍しい街場では手に入りにくいモルトやブランディーも一流のお客様が集まるこのホテルなら採算が取れると言う事でいち早く仕入れられ私達は此処で多くを学び勉強をしたものだ。三階の宴会場の松島、東西とロビーでは多くの夢が見られた。シティーホテルと言う切り口で遊興すると言う事に憧れた私達は、29年程前、この場所で東京からジャズマンを呼び仙台中のトップミュージシャン達と(当時はセレブとは言わず)約300人の紳士淑女が相集い、タキシードとロングドレスでのパーティーを企画し実行した事は忘れ得ない夢である。そんな遊びの舞台でもあり夢の舞台でもあり、仙台でのシティーホテルの代名詞と言われた程のホテルが姿を消すとの残念な報道がなされ、ショックでたまらない。
シティーホテルと言う舞台で夢を見ていた私達は、いきなり後ろから殴られて初めて目覚めた様に覚醒した。と言う訳か。
夢の舞台へ駆け上がれっ!と、突っ走った70年代後半から90年代。その表舞台では今迄紹介した所以外のシティーホテルでもこのような現象が多く目撃されたし、それらを強く憧れ追い求めて目標ともして来た我々にとって、シティーホテルと言う舞台の方が先に舞台から降板させられた、と言う印象である。
安ければ良いのか。外資や大手のチェーン店の豊富な資金力には到底叶わぬのか。いや、地元の企業、商店、街の専門店が無くなってしまったらもう遅いのである。だからこそ、大量仕入れや豊富な資金力をバックボーンとした所の安くて見た目の良い物に乗り移る前に、手を伸ばす前に考えよう。Buy仙台 Eat仙台。 あえて私は言おう、仙台の企業や商店で買いましょう。呑みましょう。食べましょうと。Buy仙台 Eat仙台。そうしなくては何処江行っても金太郎飴宜しく、本当にユニバーサルサービス化されてしまう。何処でも安く、何処でも同じ味、そして味気ない。
ホテルがまた一つ消えると言う事で、我々は考えを新たにしなくてはならない。と、痛切に想うのだ。 
[PR]
by crosby2 | 2011-03-09 00:14 | 散文
       お知らせ

ご予約
お電話もしくは営業時間外の場合FAXにて受付
ご予約番号 ☎/fax 022-215-7766
Mail sendai.jazz@gmail.com

e0019860_23425167.jpg

e0019860_23422759.jpg


e0019860_2335739.jpg


おすすめコース
ミュージックチャージ/複数のステージ鑑賞可能
オードブル一皿/生ハム、ピクルス、チーズ、パン、野菜料理
その日のパスタ一皿/トマトベース、バジル、ペペロンチーンノ等
ドリンク2杯/ワイン 赤白、スパークリングワイン、カクテル、生ビール、ウイスキーより
お一人様全ての金額+消費税5% ¥5,300 要予約
週末/ヴォーカル入り時は混合う場合ありご予約を頂戴致します。
ご予約番号 ☎/fax 022-215-7766



週末は女性ボーカル特集!!
Crosbyの週末は女性ボーカルが目白押し!!
NAOさん 栞さん MIKAさん HOUさんの4人が週末を彩ります。
トランペット沢野さんも引き続き出演! 要チェックです!!

カレンダーをクリックして戴けますと大きく表示されます。

e0019860_0391520.jpg

Singer NAO 『ナオ』
ジャズシンガー、ジャズウ゛ォーカル講師。学生時代より舞踊団、劇団に所属。テレビ、ラジオ、CMにダンサー・女優として出演。スカウトにより歌手としてデビュー後、本格的にジャズヴォォーカルを学ぶ。以来、全国の様々なミュージックシーンで活躍しファン待望のCDもリリース。《ジャズ》というカテゴリーにとどまらず、洋・邦ポップス等沢山のレパートリーを持ち、演出力抜群のステージで観客を魅了し続けている。

e0019860_2338656.jpg

Singer 栞 『しおり』
山形市生まれ。4歳よりクラシックピアノを始める。学生時代は声楽なども学び、ゴスペルグループでは、リードヴォーカルや伴奏を担当。その後、ジャズピア ノを少し。が、すぐ挫折する。ジャズバーのライブをきっかけに急展開でジャズヴォーカルへ転向。平成21年11月、大阪の老舗ジャズクラブRoyal Horseオーディションにて入賞する。現在は山形・仙台などのジャズスポットを中心に活動中。

e0019860_1843547.jpg

Singer MIKA (ミカ)
宮城県栗原市生まれ 2004年ジャズボーカリストとして、活動開始。
同年9月 ブルースハーピスト 八木のぶお氏をゲストに迎え、榊原光裕氏とのフィーチャーで制作されたファーストアルバム「That old feeling」をインディーズレーベル「アイルリンズ」よりリリース。 オールド・ジャズのスタンダードをダニー・ハーティガンとのデュエットで歌い上げ好評を博す。 2008年11月、小野リサのプロデュースでも知られる日本でのボサノバ音楽第1人者 吉田和雄氏プロデュースによるコンピレーションアルバム「懐 Mellow ~J-Bossa Winter Lounge~by Colega Bossa Club(コレガ・ボッサ・クラブ)」(ユニバーサルミュージック)にボーカル参加、12トラック中4トラックを担当。第3回グルーヴィジャズヴォーカルコンテスト グランプリ受賞(2008年11月)。 2009年8月、ウーゴ・ファットルーソ&ヤヒロトモヒロ仙台公演ゲストボーカリストとして参加。 ミルトンナシメントグループでも監督、ピアニストを果たしたウーゴファットルーソとのデュオで好評を博す。ライブスポット、CMソング歌手として東北を拠点に活動展開中

e0019860_2401919.jpg

Singer HOU(ヒュー)
ジャズプレイヤーの父親の影響で、幼少の頃からソウル・ゴスペルなどを歌う。
ヤマハ主催のコンテストで入賞、BSのど自慢デグランプリ獲得後、本格的にライブハウスやクラブ、ウエディングなどで音楽活動を始め、現在では仙台を中心に、全国で活躍している。
天性のものとも言える力強く、だがどこか切ないその歌声は、聴く者の心を包み込む様に魅了し、一度聴いたら忘れられない。
[PR]
by crosby2 | 2011-03-08 21:57 | Top

X橋 残像

X橋

X橋の名称
江戸時代、仙台城大手門前からみて大町・新伝馬町・名掛丁・二十人町へと続く道が仙台城下町を東西に貫くメインストリートであり、その北側に元寺小路が鉄砲町へと続き並走していた。これら2本の東西道は二十人町および鉄砲町の東の榴ヶ岡手前で合一して石巻街道となり、同街道最初の駅の原町宿、仙台の外港である塩竈、日本三景・松島、東北太平洋岸海運の拠点港・石巻へと繋がっていた。1887年(明治20年)、日本鉄道本線(1909年〈明治42年〉に東北本線と改称)が仙台区を経て塩竈まで開通すると、元寺小路と名掛丁の2つの並行する通りは東西に分断され、踏切が設置された。踏切は相次ぐ複線化と列車の増便から開かずの踏切状態となり、1917年(大正6年)頃、踏切閉鎖と橋設置の案が出され、旧日本陸軍第二師団と歩兵四連隊の強い要請によって宮城野橋は建設された。この橋は線路をまたぐ跨線橋で、橋の正式名称の宮城野橋より、変則六叉路交差点の通称「X橋交差点」と呼ばれた。

X橋とその周辺
日本鉄道本線(1909年〈明治42年〉に東北本線と改称)が出来た当初から、この橋と通りは、仙台城跡の第二師団と歩兵第四連隊(現榴岡公園)や練兵場(現宮城野原公園総合運動場)との間を結ぶ大動脈であった。また時代を下って終戦後も、その性質は変わらず、米国の駐留キャンプがあった仙台城二の丸・三の丸跡や市内中心部と、榴ヶ岡や苦竹、霞の目や多賀城等の駐留キャンプ間を結ぶ幹線道路となった。
歴史的にみると、ご一新後、仙台城二の丸の官軍は、東北鎮台、仙台鎮台と名を変えて常備軍となり、二の丸に司令部を始めとした中枢部を置いて発展していくことになる。1878年(明治11年)、二の丸から仲の瀬橋を渡って北に位置する常盤丁に国分町から20数軒の遊里が移転し、1886年(明治19年)、常盤丁の南に隣接する現在の西公園に偕行社(陸軍の将校クラブ)が設置された。遊郭と将校クラブが隣接してあるのは軍隊の士気にも関わる問題となり、日清戦争勃発を期に、1894年(明治27年)には、当時の北東郊外であった宮町の東の蜂屋敷(旅籠町、新常盤町、常盤丁遊郭との俗称あり)に遊郭は移転した。蜂屋敷のほど近くには歩兵第四連隊(現・榴岡公園)、騎兵第二連隊(現・東華中学校)、練兵場(現宮城野原公園総合運動場および仙台貨物ターミナル駅)、飛行場(現・仙台医療センター)、台原陸軍射撃場(仙台台原小銃射撃場。旧宮城県警察学校から台原小学校にかけて)などの軍の施設がつくられ、遊郭は戦後まで続いた。なお、蜂屋敷の遊郭が廃止された戦後の仙台では、旅館街・屋台街でもあった仙台駅北のX橋周辺に風俗街、いわゆる私娼窟的なものがあった。
必然と、長年に渡り軍人さん達相手の商売、生業で生計を立てる人々が多く集まり、終戦後は特に人種の坩堝と化し、混沌と熱気が入り混じる街となっていった。
このことは、仙台発のハードボイルド小説作家、高城高氏の「X橋付近」や、熊谷達也氏『いつかX橋で』の中に生き生きと描写されている。

e0019860_21523890.png

1997年頃 二十人町側 【名掛丁の東端】側から西X橋を望む
e0019860_21524926.png

2006年頃 二十人町側 【名掛丁の東端】側から西X橋を望む
e0019860_2153017.png

1970年頃 X橋の上より名掛丁 二十人町側へ望む
[PR]
by crosby2 | 2011-03-01 21:50 | 散文