仙台の人と街を応援する企業家組合


by crosby2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

お酒の話!

バーボンで命拾いしたセオドア


セオドアに心酔したジャック・ダニエル氏
さてオバマ大統領就任記念の酒の肴ばなし2回目。第26代のセオドア・ルーズベルト大統領のエピソードからはじめよう。
セオドアは1933年に禁酒法を撤廃した32代のフランクリン・ルーズベルトのオジさんにあたる。彼の経歴は警視総監、海軍次官補、キューバ出征、ニューヨーク州知事、副大統領、大統領と華々しい。
加えて自動車に乗った初の大統領、飛行機に乗った初の大統領、海軍の潜水艦ブランジャー号に大統領として初めて同乗し自ら操舵したなどエピソードも華々しい大統領だ。何かに乗ることが好きだったのかもしれないが、その経歴の中に2年間ほどカウボーイをしていた時期がある。
カウボーイの時、ケンタッキーに狩猟に出かけたその帰り、セオドアはインディアンの襲撃を受けた。恐怖のあまり必死に逃げようとするのだが、馬の足はいっこうに伸びない。それもそのはず、馬の背には彼だけではなくバーボン樽が2樽も結び付けてあった。
セオドアは仕方なく、バーボン樽をくくり付けていた縄を切る。すると馬の逃げ足が伸びるとともにインディアンの追跡も止まった。しばらくして振り返るとインディアンはバーボン樽に群がり歓声を上げていた。

セオドアに心酔したジャック

1907年10月のある温かい日。セオドア・ルーズベルトの演説を聞いて魅了されてしまった男がいる。ジャック・ダニエル。
翌年は大統領選挙の年だった。セオドアに心酔したジャック・ダニエルは、大統領選で再びセオドアが勝利した時には就任式に記念ボトルを贈ると周囲に語った。ところが1908年の選挙にセオドアは出馬せず、この記念ボトルの構想は流れてしまった。
セオドアが大統領に就任したのは1901年。実はその80年後、後継者が創業者の思いを遂げ、就任80周年記念「ジャック・ダニエル ルーズベルト・デキャンター」を発売している。1987年だったか、86年だったかもしれない。日本でも限定でルーズベルト・デキャンターを売り出した。わたしはそのコピーを書いたのだが、いま思えばあのデキャンターを取っておけばよかったと後悔している。1.5リットル入りの豪華なボトルだった。
20年以上も前のこと。いま古くからやっているバーに行くと飾っていないかと店内を見回すことがある。読者の方でもし見つけられたら教えていただきたい。

トルーマンのマティーニ


トルーマンが飲んだ。カクテルの王、マティーニ。女王はマンハッタン。
フランクリン・ルーズベルトの急死後、33代大統領となったのがハリー・トルーマン。就任からまもないトルーマンが出席した、ポツダム宣言の3国首脳会談時のディナーの酒とはどんなものだったか。
ベルリンに集まったトルーマン、チャーチル、スターリンは目の前のヨーロッパ問題でアタマは一杯。しかもチャーチルはまもなくイギリス首相の座を去ることが決っており、スターリンは心臓発作のため1日遅れで到着といった具合でどこかまとまりに欠けていた。
ディナーでは3人それぞれにまったく違う酒を飲んだ。トルーマンはいかにもアメリカ人らしいマティーニ、チャーチルはもちろんスコッチウイスキー、スターリンはもちろんウオツカだった。
そしてディナー時の音楽が面白い。その夜の当番国が勝手にやった。ロシアがホスト国の夜、スターリンはモスクワの超一流音楽家たちを呼んで優雅に演奏させた。するとトルーマンは負けてはいられない。ユージン・リストを軍服のまま呼び寄せ、ショパンのワルツを弾かせた。トルーマンの好みだったのだが、戦火を浴びたドイツではすぐには楽譜が見つからない。パリから楽譜を空輸させ、リストが暗譜する暇もないので楽譜を見ながらの演奏になった。その楽譜めくりをマティーニ片手のトルーマン自らがおこなったという。
さて無粋だったのはチャーチル。イギリスがホスト国の時には、なんと空軍の軍楽隊を呼び寄せ、ゆったりとしたディナーの席に威勢のいい轟音を響かせたらしい。その時のスコッチは旨かったのだろうか。

ケネディ家のはじまりは樽職人

さて皆さんよくご存知の35代ジョン・F・ケネディ大統領。JFK自身というよりもアメリカでのケネディ家のはじまりは酒との関わりが深い。
19世紀半ばにアイルランドからボストンへ移民としてやってきたケネディ家は、ウイスキーの樽つくりを生業とした。そして2代目のパット・J・ケネディが酒場を経営する。これが貧しい移民から脱却するきっかけとなる。
パットは体格がよくて荒くれ者のあしらいは苦もなく、マスター兼バーテンダーとしての腕もよく、なによりも聞き上手だった。店は評判を呼び、繁盛し、お金も生まれ、信用も得る。酒場を2軒増やし、石炭業を営み、これらで得た資金でコロンビア信託銀行を創立。そして州上院議員に当選する。それからはケネディ王国へ向けて突っ走ることになる。
移民の貧困生活からホワイトハウスに登りつめたケネディ家の歩みはアメリカン・ドリームそのもの。そのアメリカでの第一歩はウイスキー樽職人であった。

さて2009年に就任したオバマ大統領。彼もアメリカン・ドリームの体現者のひとり。もうすぐ熱狂が冷め、厳しい現実と戦う時が来る。酒はあまり口にしないそうだが、そしたらウイスキーをね、飲まなきゃ。

e0019860_030315.jpg
e0019860_0322298.jpg

[PR]
by crosby2 | 2009-02-21 00:32 | Top