仙台の人と街を応援する企業家組合


by crosby2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

東北方面音楽隊 第45回定期演奏会

2009年3月13日(土曜日)
東京エレクトロンホール宮城にて開催された
東北方面音楽隊 第45回定期演奏会にご招待を受けて鑑賞して参りました。

この書き込みをしている最中は正に第二回の公演中
私は第1回の公演に参りました。
お天気はよいとはいえ寒風吹く中、東京エレクトロンホール宮城を取り巻くように観衆が列をなして入場を待っている光景に先ず心打たれました。
中に入れば超満員
受付から誘導 場内の配置 
礼儀正しいのは言うまでもなく、笑顔と笑顔が交差して大変和やかな雰囲気。
演奏前にはミニコンサートでお出迎え

開会するや自衛隊の方とは想えぬ程の話術で魅了したお二人はなんと音楽隊のメンバー!
演奏もきちっとしていた。
第一部はファンファーレ みちびき に始まり
紅炎の鳥
アリランと赤とんぼ
バベルの塔の組曲7曲

第二部は聖者の行進で始まり
メドレーでのミュージックグラフィティーで懐かしいヒットメドレー
水戸黄門のテーマ ルパン三世 太陽に吠えろ etc.....
美女と野獣と続き

スタートレックのテーマ
アイリメンバークリフォード
ロッキーのテーマ と息をつかせぬ、それで居て楽しい志向の連続で
全く楽しいひとときを過ごさせていただいた。
ゲスト奏者のエリック宮城(みやしろ)氏のフリューゲルフォンタトランペットは
力強くて繊細かつ澄んだ音色で徴収は皆魅了された。

縁あって数度この定期演奏会に足を運んでいるが、毎回志向をこらした構成と演出は
自衛隊の特色であるところの音の正確なところや凛としたその立ち振る舞い、
そして音楽性とその奥深さはさすがである。基礎が備われた上での演出は幅広い対応が可能なのであろう。
愛される地域の自衛隊としての姿と演奏家としてのそれぞれの姿が混在し、その匙加減は常に絶妙である。また一つ、自衛隊という存在の懐の深さを知る上で良い機会となった。
チケットを入手出来感謝したい。

縁あって東北のトップの方とお話しする機会を得た。その方は多芸に秀でる素晴らしい人物でありお話ししていても大変気さくな上にインテリジェンスを隠しつつ、話の所々に多趣味の片鱗をのぞかせてくれて、お話を聞いているだけでもためになるし楽しい。そのお方率いる陸上自衛隊東北方面隊、その精神や心情は、この定期演奏会にしっかりと現れていた気がする。
おかしくて楽しいい。だけど本当は真面目でしっかり者の努力家。
そんな私の抱くイメージは決して遠くはない筈だ。
[PR]
by crosby2 | 2009-03-14 19:33 | 散文